屋根葺き替え

地震対策は柱や基礎だけじゃない

地震の時でも揺れが少なく、強風や突風でも瓦が飛散しません。

屋根の重さと家屋の揺れ

地震の時に家屋が大きく揺れる原因の一つに家屋の重心の位置があります。従来から使用されてきた瓦ですと屋根が重いため重心が高くなってしまい、不安定さが増し大きく揺れてしまいます。
一般的な広さの家屋で瓦屋根の場合、重さは約6tになり重心の位置も高くなります。同じ広さで金属屋根に葺き替えた場合、重さは10分の1の約600kgまで激減し、重心の位置もかなり下がります。
屋根が重ければ重いほど地震の時の揺れは大きくなり、家屋に加える力も大きくなります。屋根が軽ければ家屋に与える力も小さくなるため、耐震性につながり揺れを小さくすることが可能です。

重さの比較重心の位置と揺れの違い

現在主流の屋根材について

現在主流になっている金属やスレートなどの屋根材は、瓦と違い一枚一枚屋根に積むわけではないので、地震の時に落下する危険性もなく強風で飛ばされる心配もありません。 また現在では改良が進み消音性や遮熱性に優れた製品が出てきているため、従来の製品で言われていたような「雨音がうるさい」や「夏、熱い」といった性能上の問題は解消されました。

施工の流れ

屋根材の撤去工事→野地貼り増しか、部分張替工事→ルーフィング(防水紙)敷き工事→本体屋根工事→廃材処分→工事完了

取扱い製品例

このほかにも様々な製品を取扱っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

金属系屋根材 スレート屋根材 石粒付ガルバリウム金属屋根材